26

ときを超えた"技"に出会う

匠が教える!本格抹茶茶碗製作+手打ちうどん付

美濃焼の技術技法を伝承している「伝統工芸士」の製作指導を受け、あなただけのオリジナル「志野抹茶茶碗」を製作します。焼成は伝統的な「窖窯(あながま)」で約4昼夜かけて、伝統工芸士が薪をくべて焼き上げるので、本格的な仕上がりになることは間違いありません。 美濃焼こみちのプログラムとしては「ろくろ又は手びねり成形+高台削り」まで伝統工芸士が製作体験指導しますが、その後の絵付けや志野釉薬の施釉、焼成、窯出入等も追加料金なしで体験できます。 ランチはこれも伝統工芸士が自らの手で打ったこだわりの「手打ちうどん」をご賞味。 紅葉も間近な山里で土と向き合ってみませんか?

注意事項

プログラム終了後の「絵付・施釉」→「窯入」→「窖窯焼成」→「窯出」に参加できない場合は、参加いただいた方がプログラム中に製作したものを、伝統工芸士が責任を持ち完成させ、着払いで郵送いたします。 注意:製作されました作品は出来る限りの注意を払い取り扱いますが、万一不意な事故等で破損した場合、窖窯(あながま)焼成は、ガス窯や電気窯のような均一な火の通りが不可能なため、焼むら(釉薬が溶けて流れたり又は溶けていない状態)が生じますが、そうした場合の責任は一切負いかねますのでご了承ください。
下記実施スケジュールからお好きな日程にご予約下さい

案内人

Display
Display
中嶋直樹さん/美濃焼伝統産業会館
美濃焼伝統産業会館の館長であり、美濃焼伝統工芸品協同組合、土岐市陶芸協会の事務局長も務める「美濃焼」の物知りです。

集合場所

Display

土岐市美濃焼伝統産業会館

〒509-5142

岐阜県土岐市泉町久尻1429-8

駐車場:無料有

最寄りバス停名:美濃焼伝統産業会館(市民バス)

申し込み・問い合わせ先

Display

美濃焼こみち公式webまたは、

美濃焼伝統産業会館 TEL 0572-55-5527  開館時間 9時~16時半 

※休館日 月曜日及び祝日の翌日・月曜日が祝日又は振替休日の場合は、火曜日・水曜日

     土曜日が祝日の場合は、月曜日・火曜日

     (2016.9月は5日・12日・20日・21日・23日・26日が休館日となります)

     (2016.10月は3日・11日・12日・17日・24日・31日が休館日となります)

実施スケジュール

Display

第1回

実施日時
2016/11/06(日) 09:00 〜 16:00
予約開始
2016/09/01 09:00
予約終了
2016/10/31 17:00
料金
3,800円
定員
12 / 12 人
(満員)
最少催行
0人

おすすめプログラム

Display