開催レポート

昨年も開催の曽木の文化に触れるこのプログラム。
今回は横笛・太鼓と参加者の希望に沿って体験できる「お囃子コース」と
太鼓のみで多数の曲を体験できる「太鼓コース」とあるうちの
「太鼓コース」の体験レポートです。

枯山水のような庭が見え、囲炉裏机の置かれた風情のある和室に集まって
打囃子の歴史や楽器等の解説と、代表的な曲の演奏と紹介から始まりました。

今回は「太鼓コース」のため、各自太鼓に向かって練習を始めます。
正面に小太鼓と左側に中太鼓を置いて、一定のリズムで小太鼓を打ち
楽譜に沿って中太鼓を打つという演奏の基本となる打ち方を最初に学びました。

1曲目の演奏は「岡崎笛」。2種類のフレーズの繰り返しでできているため
何度も繰り返し練習をします。
2曲目の「祇園囃子」は1曲目より難易度が高く、苦戦しましたが
案内人さんがアドバイスをして回り演奏の手助けをしてくれたので
難しいながらも楽しく演奏できている様子でした。

途中、袴に着替えた案内人によるサプライズ抹茶!
抹茶の作法について話しながら茶菓子と一緒に味わいました。

小休憩を兼ねた曽木クイズを交えながら最終的には
2曲とも概ね参加者そろって演奏ができるところまで体験できました。

プログラムの最後には参加者にバーデンパークSOGIの入浴券が
配布され、解散後には参加者の方は各自曽木公園・バーデンパークに向かわれたみたいです!

紅葉も綺麗な時期です。伝統的な文化に触れることができた
まさに芸術の秋となった一日でした。